幸せ日和~縁~en

ryutoen.exblog.jp

夫との二人暮らしに、2014年1月から姫が加わりました★ちょっと大きなトイプードル竜も一緒に暮らしています★2013年11月には独立し、姿勢美LABOを開業しました

ブログトップ

カテゴリ:マタニテイLife( 3 )

感染症にはかからずまずは目標の、二日が過ぎました。
かわらず24時間ずっとウテメリンの点滴…。
張りがそれでもあると、少し点滴をきつくしました。

1/17
夕方義母が滋賀からきてくれ、お話ししたりゆっくりしました。
それから、兄から電話があり話したあと…

20時過ぎからお腹が痛くなり看護士さんにきてもらい、モニターつけて様子見ようか!
と、今までにないくらい張りが繰り返し続いてあっと言うまの消灯

何回か子宮の状態見てもらった
その時出血あり

時間たつごとにお腹の痛みはげしくなってきた
さすがに12時くらいには疲れてきて痛くても自然に目つむって寝てた008.gif

で3時くらい、また痛みで目覚めた!
そこからまだ子宮は開いてないからということで、また点滴強くなった

もー、辛かった007.gif
診察台のぼるんも大変やったし、くーってくるいたみの時は動けんかったもん。

ほんで、腰が痛くなってきて…
足の太ももがダルクなってきて…

もーあかん(;´д`)

また診察したのが5時過ぎ!
『子宮口3㎝開いてますね、もう出産にいきましょ』

やっとや~やっと出せる~(>_<)
[PR]
by ryu-to-en | 2014-01-20 20:30 | マタニテイLife
自宅安静で
体も落ち着いてきた矢先だった
1/14早朝。
32wちょうど今日から9ヶ月、っていう日に破水して目が覚めそのまま入院生活に…。
『あ~れぇ~008.gif
入院は避けたい、だからお家でゆっくり安静生活やったのに手首に入院患者のリストバンド巻かれた。
入院になってしまったやん…わたし。

その朝私は、訳がわからず
もらしてしまったんかと思うのと、破水?いやいやまさか!と思う自分が入り交じって、
でも夫が冷静に
『破水やで!助産院に電話しなっ』
て言ってくれ連絡。
すぐにいくことになりました。

先生とこで赤ちゃんは無事なのはわかった。
ただ、張りがあったみたい
助産院から大きい病院へ救急搬送されるときも、まだ事の大きさに自分の事じゃないような気分で、妙に冷静やった。
ただでも、破水、お腹のはり、赤ちゃんはどうなるんかな?
今からもう出産になるん?
みたいな、いろいろ考えた。
え?なんも用意してないし。
前日13日に、入院準備しなと思いながらできず、明日は絶対しよう!って、決めてたのに。
ちゃんと準備できてるはずの私やったのに、それもできてなくていややなあと、しょうもない事考えてた。
で、救急車ってめちゃ揺れるやん!って、感じた。
病院についたら、すぐに赤ちゃんの状態、わたしの状況を診察してくれました。

幸い赤ちゃんは元気で、羊水もまだ少し残っていると。

羊水は、赤ちゃんのおしっこでまた作られるから大丈夫だけど、破水したことにより外界からの感染が一番怖いので、感染予防の注射と、24時間張り止めの点滴を入れます。
って。

赤ちゃんは、肺呼吸できるって言われてるのが34w以降だそう
だから、まずは、2日間感染しないように過ごすこと
その次は34wを目標にしていきましょう。
って


1日目は赤ちゃんの動きが弱いので、モニターをずっとつけて様子を看てた。胎動もすごい減ってて気になったなぁ

してみたかった入院生活。
そんなん、思ったらあかんわ
元気が一番!って心から思った

だって、ほとんど一日中ベッドの上。
わたしの場合、病棟内の移動、シャワーはOKやったけど、それでも今までより遥かにからだ動かさないから疲れない、ねれない、背中痛い、点滴ずっとやからトイレもシャワーも大変。

せやけど赤ちゃんに1日でも元気に長くお腹にいてもらうため!
頑張る!
手が震えたり、呼吸しにくかったり
さすが張り止め…

そのお陰で心配された二日が過ぎました。
[PR]
by ryu-to-en | 2014-01-16 15:13 | マタニテイLife

妊娠生活

昨年、7月にめでたくも赤ちゃんがやってきたことがわかりました。

結婚10年目の素敵な素敵なプレゼント016.gif

昨年の『今年は異常な暑さ』という日々を、早々からはじまったつわりでほとんど家の中で過ごしました。

月日がたつごとに唯一食べれたものが
食べれなくなり、ほぼ毎日吐き…
気づけばトイレの前で寝てしまっていたことも020.gif

体重は、-4キロに。
辛かったー

ポリープによる大量出血もあり
不安な日々でした。

やっと体調が落ち着いたのは、
季節も変わった秋。

張りも少し気になり出した頃でしたが、先生からOKが出たので11月に東京へ一泊二日。
スカイツリーのスケールのおっきさに驚きました003.gif

そして、12月。 妊娠も後期へ入る7ヶ月。
短時間でお腹が何回も張るのを助産師さんが
『このままやったら、37週までもたないよ!せめて、37まではお母さんのお腹で育ててあげないと!』

と…一度飲んで副作用がしんどくて避けていた張り止めを処方しにいくよう支持。
そして、【自宅安静】の支持。

あの薬はほんまにしんどかった
情緒不安定
指先の震え
動悸
頭痛
など…

その後静脈瘤発見

最初判定されるまで、性ヘルペスやら、なんやら、かんやら…
言われかなりへこんだ。

なんで?
なんでわたしが?
そんな、心当たりないし…
なんで今なん?
唯一一回だけ、行きたくていった
スーパー銭湯でうつったん?


って。

結局、病院かえて診察してもらったら
【静脈瘤】でした。
病院で、ほっとして大号泣してしまった。

赤ちゃんあかんくなるんか?
自然分娩できんのか?
後遺症残るんか?
パートナーにうつすんか?

風呂のタオルもすべて別にして
自分の行動振りかえってため息ばかりやったから007.gif

ほんま、びびらされてしんどかった020.gif

そのあとは、安心して
2014年迎えました012.gif

11月にはお店のオープンも迎えました!
よく頑張った2013年始めての妊娠生活

回りの方に食事の面でかなり、助けてもらい、
母には助産院に行くときはいつも、車で連れていってもらいました。
夫には仕事で疲れているなかほんと、精神面でフォローしてもらいました037.gifありがとう
[PR]
by ryu-to-en | 2014-01-10 11:00 | マタニテイLife